忍者ブログ
トップ  インフォメーション  プロフィール  お仕事 
ギャラリー  お唄  漫画  リンク  メール

最近画像は原寸大サイズです たまにサムネル表示なのでクリックすると大きくなります
2017/10
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二回みましたので
一回目と印象が変わった部分

おばあちゃん対悪徳業者はいらんと思っていたけど
ばあちゃんが孫の罪を受け入れる
という過程を描くために、あってもいいと思った
削るという選択もあってもよかったけど


なぜ被害者の父が祐一にじゃなく、大学生に怒りをぶつけるのか

殺してはいないが、単純に
その過程に影響を与えた、そして祐一がまだ捕まっていない
というのもありますが

(出会い系を利用していた)娘の、知らない部分(=祐一)を受け入れたくない
娘を殺された直後で、正当?な判断はできないという事 は当たり前であり
被害者夫婦がなぜ娘が死んだのかの
なぜを受け入れるのは、映画の終盤から始まってると思うので
感情の描写はもう少し抑えてもよかったかな

大学生はステレオタイプ的な悪さですが
あの誇張ははたして本心なのかということ
本人が自覚しているかはわかりませんが
そこには閉塞感や許してはいけない弱さや感情が隠れていると
なので一見過剰に見えますが個人的にはありでした
悪徳業者はリアルですが、だからこそ無い選択もありですよね
被害者の子はリアル

音楽はやっぱりちょっとうるさかったです
当たり前やけど悪人を探す映画じゃありません
都会生まれの人にはわかりにくい感情があり
なので観るのを選ぶ映画だと思い
うーんと思う部分もあるけど、そんな事より
私はどうしようもないのでたまらなかったです
パンフレットを買ったら、駅に置き忘れ
戻ったらすでに無くなっていてたまらなかったです



ところがさっき

wowowで観た
ジャックケヴォーキアンのドラマがえらいたまらなかったです



PR
コメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(12/25)
(10/29)
(09/26)
(09/22)
(09/14)
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]